スポンサーサイト

  • 2015.11.19 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ホストファミリー初体験 ☆去年の夏のおはなし☆

    • 2010.09.02 Thursday
    • 03:41
    JUGEMテーマ:英語育児♪

    ブログに書きたいと思ってることはイッパイあるのに、なかなか書けなくて、
    どんどんたまっていくばかり。
    先月も、アメリカ人の女子大生2人が私の実家にホームステイに来てたので、
    そのことを書こうと思ったら、その前に去年のことを書きたくなってしまい・・・

    まずは去年の様子を思いだして書いてみました。

    おかげ横丁

    去年の夏、実家の両親の協力で、初めてホストファミリーを体験することができた。
    今住んでいるマンションは狭くて、とてもホームステイなんて無理!とあきらめていたら、
    チル大の石井さんが「ご実家でホームステイの受け入れをした」という体験をブログ
    書かれていて、「これならウチでもできるかも!」と、トライしたのがきっかけ。
    伊勢なんて田舎までわざわざ泊まりに来てくれるかな?と思いつつも、ブログで
    紹介されていたNPOのGuy Healy Japanにコンタクトしてみると、意外にも
    すんなりOK。・・・っていうより、とても喜んで頂けた。

    Guy Healyは、アメリカの大学生をキャンプリーダー(カウンセラー)として日本に
    連れて来て、日本の子供向けに英語でのサマーキャンプを運営している。
    アメリカ人大学生たちは約2カ月の来日中、ほとんどをキャンプで過ごし、その合間の
    数日間、希望者は日本人の家にホームステイする・・・という仕組みのよう。
    Guy Healyさんとしても、学生たちに無償で数日間の宿と食事を提供してくれる
    ホストファミリー探しはなかなか大変なんでしょうね、きっと。

    ・・・とまあ前置きは長くなったけど、そんなこんなで昨年はカルロスくんという25歳の
    男の子(・・っていうか男性)がやってきた。
    ホストファミリー初体験なので、「田舎だし退屈するかな?」とか「食事は大丈夫かな?」
    などなど、いろいろ心配したけど、カルロスくんはとても落ち着いた(25歳だもんね)、
    社会人経験もある子だったので、全然問題なかった。
    母も言葉は通じないながら、彼の穏やかかつ几帳面な性格にとても感心して、
    「カルロスだったら、いつ来てもまた泊めてあげるからね〜」という可愛がり?ぶり。

    私はと言えば、最近はめっきり英語でお話しするなんて機会もなかったものだから、
    もつれた舌の良い訓練になりました。
    彼はアメリカで救急医療隊員(paramedic)として働いていたのだけれど、
    労災で肩を負傷して、仕事が続けられなくなり、今は政府から補償をもらいつつ
    カレッジで勉強しているのだとか。

    その労災の原因というのが、超ジャンボサイズの女性患者をタンカで運ぶときに、
    痛みで錯乱状態になったその女性がすごい力で彼の腕にしがみついたため、ひどい
    脱臼をしてしまったのだそう。カルロスくん、結構ムキムキなので、その彼の腕を脱臼
    させてしまった女性って・・・ホントにジャンボサイズだったんでしょーね。

    そのほか、アメリカでは1回救急車を呼ぶだけ「基本料金=ただ病院まで運ぶだけ」でも
    数百ドルかかり、車中で投薬や処置を受けるとどんどん料金が加算されるから、
    倒れてる人がいても、救急車を勝手に呼ぶ前に、本人に呼んで欲しいかどうかを訊く・・・
    なんて話や、お医者さんに「会う」だけで、100ドル単位でお金がかかるから保険に加入
    していないと病院にも行けない・・・っていうような、生々しい話を聞かせてくれました。

    伊勢神宮など観光名所にももちろん出かけたけど(写真は「おかげ横丁」で幸運にも
    遭遇した太鼓の演奏者の方々と)、彼が一番喜んだのは(たぶん)「100均」と
    「リサイクルショップ」!
    日本のアニメ(cartoon)が好きだと言うので、弟夫婦がアニメのフィギュアや
    おもちゃがたくさん置いてあるリサイクルショップに連れて行ったら目の色変わってた。
    弟夫婦はほとんど英語ダメなんだけど、いわゆるオタク趣味という意外な共通点が
    見つかり、それなりにコミュニケーションとれてた様子。
    「ナルトが・・」「ワンピースが・・」って私にはさっぱりわかんなかったけど・・・。

    そうそう、実は秘かに私が一番期待していた「娘に英語ネイティブの人と交流する
    機会を与える」っていう狙いは見事に空振りに終わりました〜。
    日本人でも初対面だとなかなか打ち解けられなかったりするShyな娘。
    「外人さん」と「英語」でだなんてなおさら・・・(涙)
    まあ、彼が私と英語でおしゃべりしてえるのとかを横で聞いてたから多少は
    刺激になったんじゃなかなぁ・・・と思うことにしました。

    その後・・・彼とはお礼の手紙、クリスマスのemail、とたまにやりとりはあるんだけど、
    「来年の夏(=つまり今年)も多分また来る」と言っていたのは実現せずだったのは
    ちょっと残念でした。

    それで・・・、今年の夏はまた新たに女子大生2人をお預かりすることになったのでした。



    よろしければポチっとお願いしますm(__)m

    にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
    にほんブログ村






     

    スポンサーサイト

    • 2015.11.19 Thursday
    • 03:41
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      クリックするだけで

      募金ができます ↓ クリックで救える命がある。

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 100冊マラソンNo.81-90
        Mayuみん (03/27)
      • 100冊マラソンNo.81-90
        maomao (03/27)
      • 親子英語レッスン 〜Nightmare と Monster 〜
        Mayuみん (03/16)
      • 親子英語レッスン 〜Nightmare と Monster 〜
        maomao (03/16)
      • リカちゃんにも・・「Doll House 絵本」と創作絵本「Once upon a time」
        maomao (03/10)
      • リカちゃんにも・・「Doll House 絵本」と創作絵本「Once upon a time」
        Mayuみん (02/29)
      • リカちゃんにも・・「Doll House 絵本」と創作絵本「Once upon a time」
        Mayuみん (02/29)
      • リカちゃんにも・・「Doll House 絵本」と創作絵本「Once upon a time」
        tamaこと石井 (02/29)
      • リカちゃんにも・・「Doll House 絵本」と創作絵本「Once upon a time」
        きりん (02/29)
      • リカちゃんにも・・「Doll House 絵本」と創作絵本「Once upon a time」
        Mayuみん (02/29)

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM