ブログ再出発♪ ニュージーランド母娘旅行のご報告・・・その1

  • 2010.01.22 Friday
  • 06:13

長い間ブログをさぼってしまいました…というより1年以上空いちゃったので、
「新しくスタートする」といったほうが良いですね。

・・ということで、今日からまた子供英語ネタや英語絵本についてのことなど
を中心に、いろいろ書いていきたいと思います。

まずは…忘れてしまわないうちに、昨年末に実現することができた念願の
「母娘ニュージーランド旅行」の記録から。


〜ニュージーランド(NZ)子連れ旅行〜 その1

bluesky

11月28日から2週間余り、娘(5歳)と2人でニュージーランド(NZ)の
ウェリントンに住む友人を訪ねて旅行してきました。

今回は、母子ともに風邪ひとつひかず元気に楽しい時を過ごすことができました。 
(娘が1歳の頃にも海外旅行をしたのですが、その時は現地で突然40℃以上
の熱を出して大騒ぎに。→後で突発性発疹だったと判明しましたが・・)

まずは、今回の旅の動機・目的をちょっと改まって振返ってみます。

実態に一番近いのは、
「娘も大きくなったし、海外旅行もご無沙汰なのでそろそろどっか行きたいぞ〜! 
あ、ちょうど良いところへ格安航空運賃の案内が・・・♪」ってな気もしますが、
一応格好つけてみると・・・。

 《その1》 
5歳の娘に異文化体験(英語圏の生活)をさせたい。
小学校になると気軽に長期お休みできないので今のうちに。

《その2》
母としても久しぶりに生の英語環境に身を置き、現地の小学校や幼稚園の
様子も見学したい。
(←母、親子英語サークルを運営しているので。)

 ・・・こんなとこかしら?
目的地は、私の親友(日本人だけどNZの男性と結婚して数年前にNZへ・・)
一家が住むNZの首都Wellingtonに決定。 

 
娘に現地の学校(幼稚園)を体験させたい!

独身の時なら、バックパックをしょってあちこち観光して歩くところですが、
今回は5歳の娘を連れての2人旅、目的はあくまでも「異文化体験」なので、
「観光」は友人宅から日帰りで行ける範囲のお出かけ程度にておこうと
決めました。その代り、せっかく2週間もあるのだから、現地の幼稚園などで
他の子供達と接する機会があればいいのに・・・と考えました。

友人宅には7歳(女)、5歳(男)、3歳(女)の3人の子供達がいますが、
ママが日本人なので当然日本語も上手に話します。
ずっと彼らとだけ接していたら英語を聴く機会はほとんどなくなりそうだし・・と、
友達にも協力してもらって現地の幼稚園やプレスクール(託児所)などに
1週間程度でもよいから通えないか調べました。

NZでは、5歳の誕生日が来た子から順番に小学校に通い始めるんだそうです。
(つまり入学式というものがナイ!)うちの娘は5歳になっていたので、
幼稚園には通えないと言われました。またそれ以前に、ウェリントンのような都会
では、日本の都市部と同じく幼稚園や保育園に入れない待機児童が
たくさんいるため、とてもじゃないけど海外から短期間旅行に来ているだけの子が
入れる余地はないんですって(><)

・・となると小学校なのですが、仮に受け入れてもらえても、娘は英語をほとんど
しゃべれない(一応、2歳後半頃から娘には英語の歌を聴かせたり、絵本を
読みきかせたりはしているものの、英語を話すレベルではないのです。)から、
本人がイヤがるかもしれない。
・・・でもまあ、私自身が小学校の授業を見学してみたいという好奇心もあり、
とりあえずはダメモトで友人の子供たち(=1人は娘と同い年)が通っている
小学校の校長先生に授業への体験参加をお願いする手紙を書きました。
すると、副校長さんからお返事が来て「a few daysならOK」と!
「ヤッタ〜!!」 なにごともお願いしてみるものです、ほんと。

小学校の寛大な対応に感謝しつつも、「2週間もあるのに、学校行けるのが
2日だけとなると、その他の日は何をして過ごそうかしら〜?」と不安にも
なりましたが、娘にしてみればモノゴコロついて初めての海外、他人さまの家で
寝起きするだけでも緊張するだろうし、私が張り切りすぎてアレコレ予定を
詰め込んだら可哀そうかも・・と、後は現地に行ってから様子をみて考える
ことにしたのです。

結果から言うと、娘は当初お許し頂いていた2日間の体験の後、担任の先生から
「良かったら明日も来る?」と誘って頂く形で、2週目のほとんどを学校に通わせて
もらったのです。私の方も、「娘をみてもらったお返しに・・・」と友達の子供が
在籍する2クラス(1年生と3年生)で「ORIGAMI LESSON」を行うという貴重な
経験をさせて頂きました☆・・・
と書くと、まるで娘が現地小学校に通えるくらい
英語を話せるように聞こえると思います。

・・どころがドッコイ!実態は・・
娘に「学校に行ってた間、先生やお友達の英語
少しはわかったの?」と訊いたら、
「ぜんっぜん、わっからへんかったで!そやから周りの子のやるの見て真似しててん。」
とキッパリ!ガックリです。

いえいえ、ホントは「異文化体験」できたこと、甘えん坊の娘が外国で母と離れて
行動できたこと、だけでも十分だと思ってます。

つづく・・・

スポンサーサイト

  • 2017.12.15 Friday
  • 06:13
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>

    クリックするだけで

    募金ができます ↓ クリックで救える命がある。

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 100冊マラソンNo.81-90
      Mayuみん (03/27)
    • 100冊マラソンNo.81-90
      maomao (03/27)
    • 親子英語レッスン 〜Nightmare と Monster 〜
      Mayuみん (03/16)
    • 親子英語レッスン 〜Nightmare と Monster 〜
      maomao (03/16)
    • リカちゃんにも・・「Doll House 絵本」と創作絵本「Once upon a time」
      maomao (03/10)
    • リカちゃんにも・・「Doll House 絵本」と創作絵本「Once upon a time」
      Mayuみん (02/29)
    • リカちゃんにも・・「Doll House 絵本」と創作絵本「Once upon a time」
      Mayuみん (02/29)
    • リカちゃんにも・・「Doll House 絵本」と創作絵本「Once upon a time」
      tamaこと石井 (02/29)
    • リカちゃんにも・・「Doll House 絵本」と創作絵本「Once upon a time」
      きりん (02/29)
    • リカちゃんにも・・「Doll House 絵本」と創作絵本「Once upon a time」
      Mayuみん (02/29)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM