スポンサーサイト

  • 2017.12.15 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    100冊マラソンNo.81-90

    • 2012.03.24 Saturday
    • 10:55
    JUGEMテーマ:英語育児♪
    JUGEMテーマ:児童英語



    実はもう2週間も前に100冊「完走」してるのですが〜、
    筆不精なため、なかなか記録が追いつかず・・・。


    81〜90冊目はこんな本でした。





    この回の私の一番のお気に入りは、コレです。


    There's a Nightmare in My Closet (There's a.)
    There's a Nightmare in My Closet (There's a.)



    ゴッツイけど見ようによっちゃ可愛げのある nightmare が
    いい味出してます。
    最後にはちゃんとオチもあります。

    娘も楽しませてもらったうえ、ちゃっかり親子英語レッスンでも
    使わせてもらいました


     

    お次は「The Gift of Nothing」
    (100冊マラソンの絵本の表紙は上の写真のように、シンプル。
     布張りで素敵でした♪)


    The Gift of Nothing (Christmas)




    大好きなお友達にプレゼントを上げようと思うけど、
    お友達は何でも持ってる・・・。だから、nothingをあげることにしよう!
    ・・・と何やら哲学めいたお話です。

    娘にちゃんとわかるかな〜?と思いましたが、
    意外にもすんなりと理解していたようでした。


    ただ、最後に「素敵なお話だね♪ ママも今度○○(娘)のお誕生日には
    nothingをプレゼントしようかな」

    “I'll give you nothing for your birthday.”

    と言ったら、「ダメ〜!!いやや〜」と怒ってましたが・・・

     



    そしてコレ↓はなつかしい1冊。
    従妹の出産祝いに贈ったんだっけ。

    Pat the Bunny (Pat the Bunny) (Touch-and-Feel)

    モコモコのうさぎちゃんとか、パパのお髭のじょりじょりとか
    赤ちゃんが触って、匂いをかいで楽しめる絵本です。
    娘もずっと前に読んだこの絵本のことは、すっかり忘れていて、
    いろいろ触って楽しんでました。
    パパのヒゲのページには「げげっ」って反応してましたが



    そうそう、最近ちょっと娘の英語にも進歩が・・・。
    時々、自分から本を読んでみようとするようになり・・・。
    今回は「The ABC Bunny」のA〜Gくらいまで、がんばってました

    相変わらず、会話には消極的だけど、本が読めることは嬉しいみたい。
    なかなか読みながら意味を理解するまでは難しいようだけど、
    まあそのうち慣れてきたらわかるようになるかしら??と
    のんびり構えてます。

    さて、いよいよ残すはラスト10冊となりました〜。




    にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

    にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

    にほんブログ村

    英語絵本読み聞かせプライベートレッスン?!

    • 2012.03.17 Saturday
    • 10:53
    JUGEMテーマ:児童英語
    JUGEMテーマ:英語育児♪


    先日、自宅で英語教室をされているJ先生のお宅に遊びに行かせて頂きました。

    「ヤングアメリカンズ@神戸」のボランティアを通じて知合い、
    ミーティングなどでレッスンの様子などを伺っていると本当に楽しくて
    私が一方的にファンになってしまったのです

    たまたまお互いに住んでるところが、隣町…ということで、光栄にも
    「今度遊びに来て〜♪」と誘って頂いて、大喜びで出かけていきました。

    滞在時間の大半は、笑いあり涙ありのプライベートな話題で盛り上がり、
    それはここには書きません(書けません?!)けど、
    本当にあっという間の素敵な1日でした。

    そして、なんと最後に、私のリクエストで絵本の読み聞かせをして下さいました
    (J先生は近くの小学校で長年、絵本の読み聞かせをされています。)



    読んで頂いた本は、

    Hello, Dudley! (Puppet Pop Ups)
    Hello, Dudley! (Puppet Pop Ups)

    モンスターの口のところがパペットになっていて、パクパク動きます!
    しかも大きいから、大人でも手が丸ごと入っちゃう。
    なめくじみたいな変な姿もキュートで…
    J先生のリズミカルな読み方がキャラクターにぴーったりマッチして
    惹き込まれてしまいました〜



    その次に読んで頂いたのはコレ↓

    There is a Bird on Your Head! (Elephant & Piggie Book)
    There is a Bird on Your Head! (Elephant & Piggie Book)

    ElephantとPiggieのシリーズ絵本で、わたしの大好きな
    「Knuffle Bunny」を描いたMo Willemsさんの本。

    以前、友達が持っているのを見せてもらったことがあって、
    大人でも楽しめる、ちょっとマンガチックな楽しい絵本だな〜とは
    思っていたのですが・・・
    J先生が読むともう、お芝居というか、まるでアニメのように
    キャラクターが本当にしゃべってるみたい。

    本の読み方ひとつでこんなに作品が生きてくるのか〜!!と感動しました。



    最後はわたしも持ってるんだけど、なかなか上手に読めないので、
    ぜひにとお願いしたこれです。

    Llama Llama Red Pajama
    Llama Llama Red Pajama

    ベビーラマの表情がちょっとムンクの「叫び」っぽくて怖いんだけど、
    ストーリーは、ちびっこならきっと共感できるだろうな〜っていう
    ほのぼのストーリー。
    やや不気味な絵も何度か読んでいると不思議と愛着が沸いてくる?!

    J先生の読み聞かせ、迫力満点で、特にお母さんのセリフのあたり、
    子供たちもきっと「ママこういう言い方するする〜」って思うんだろうなぁ…


    もう、本当にほれぼれと聴き入りました
    わたしひとりのために読んで頂くのがもったいなくて、
    申し訳なくなるくらい・・・。


    先生に伺うと、あらかじめ何度も何度も読む練習をするのはもちろん、
    「この辺でちょっと日本語で説明を入れたほうがわかりやすいかな」とか
    「ここは一気に読もう」などのタイミングや間合いもじっくり考えて、
    忘れないよう、本に小さなしるしをつけたりされてるそう。



    わたしなんか、もっともっと一所懸命練習しなくちゃあ!と、猛反省デス。
    自分の日ごろの読み方を振り返ると、恥ずかしくなりましたが
    同時に「もっと練習しなくちゃ!」とモチベーションアップしました


    前に日本語絵本の読み聞かせをされているベテランの方に、
    「読み手が自分の解釈で感情を込め過ぎた表現をすると、作者の意図を
    損ねる恐れがあるので、淡々と読むのが良いとされているのですよ」と
    聞いたことがあります…

    実際に作品によってはそれが最適という場合もあるでしょうが、
    でも、私はやっぱり「楽しく、お芝居のように読む」派だな〜
    読んでる方も、読んでもらう方も楽しいほうがいいじゃない…と。



    …それはさておき、今回またまた良い絵本をた〜くさん教えて頂い
    ちゃったので、先月に引き続き、ポチポチが止まりません〜


    今回ポチッたのは、Hello Dudleyの作者さんのシリーズから…

    You're Not So Scary, Sid! (Puppet Pop Ups)
    You're Not So Scary, Sid! (Puppet Pop Ups)

    モンスターの口がパクパク動き、回転するので角度も変わります!


    次に、前にどなたかのブログで見かけて、興味津々だった「影絵」の絵本。
    ポップアップになってる部分をライトを動かしながら照らすと、
    後ろのページに影が映ってそれが動くのです。
    J先生宅で実物を見せてもらい、お薦めされて、やっぱり欲しくなりました。

    Lights Out!: Shadow Pop-up And Play

    Lights Out!: Shadow Pop-up And Play

    ハロウィーンにはまだ早いけど、手に入る時に買っておこう!と。
    (円高のおかげでなんと700円台!!)
    ハロウィーンには上手に披露できるよう秘かに練習しておきます


    この2冊、在庫がなくてまだ届いてないんだけど、とっても楽しみです。
    届いたら、また写真など追加しますね〜♪



    にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

    にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
    にほんブログ村
























     

    リカちゃんにも・・「Doll House 絵本」と創作絵本「Once upon a time」

    • 2012.02.28 Tuesday
    • 18:16
    JUGEMテーマ:英語育児♪
    JUGEMテーマ:児童英語

    昨日ご紹介した「Swirl by Swirl」の評判が良かったので、調子に乗って
    最近買って良かったヒット絵本のご紹介です。

    …といっても、今日のは自力で発掘したワケではなく、
    いつも何かとためになる情報を教えてもらっているお二人、
    ワンダーママさんとまなりんが実際に持ってるのを見て、マネッコさせてもらった
    だけなのですが…


    1つ目はコレ、↓

    Let's Pretend Rose's Doll's House
    Let's Pretend Rose's Doll's House


    暑さ3cm弱の本ですが…開くと、こうなります↓




    とても1000円ちょっととは思えない、しっかりしたつくりで、
    「絵本」というよりはまさに「リカちゃんハウス」。
    実は、我が家では、英語のためというよりも、そっちメインの目的で買いました。
    (でも、もちろん親子英語レッスンで使う予定あり

    一応「本」なので?!、各部屋(ページ)に、文章が数行ずつ書かれており、
    立体家具や人形(4人家族+ペット2匹)の型紙、雑貨や小物の
    ステッカーなどもついてます。
    なので、まさにこれ一冊で「Pretend=ごっこ」遊びができる、
    という優れモノなのです


    これ↓は、私には珍しくアイデアがひらめいて、ステッカーに
    含まれていた「木馬」を立体的にアレンジしたもの
    娘に「ママすごーい」と褒められ、ちょっと嬉しかったデス。

    (←ウラ側)

    (厚紙にシールを貼って、立ってロッキングするように足?を付けました。)


    たたむと普通の本みたいになるから、収納にも場所をとらないし、
    ホントにいいものを紹介してもらって、ワンダーママさんに感謝です

    ワンダーママさんのブログはこちら、
    http://wondermama97.blog.fc2.com/blog-date-20120228.html
    (ちょっとブラウザの調子が悪く(?)、ハイパーリンクが貼れません )



    もうひとつは、仕掛け絵本のこちら↓

    Once Upon a Time...

    Once Upon a Time...


    まなりんが、英語育児関連のオフ会に持ってきてくれてたものです。

    中身は・・・こんなのです。





    (ミミズとか、にんじんとか、目玉焼きがカードで、
     お皿の絵の上に差し込んで使う。)

    各ページ、お話に登場する人物やモノを読み手が選びつつ、
    オリジナルのお話を作っていく…というものなんです。
    すごい楽しいアイデア〜!!

    しかも、そのアイテムの選択肢が、
    「ある日、お姫様は『便器』に出会いました」とか、

    「お姫様は3つの願いごとのひとつめに、
    夕ご飯に『ミミズ』が食べたい、とお願いしました」とか、

    もう子供が「うえ〜」「ぎょえ〜」と喜ぶこと間違いなしの、
    しょーもない?アイテムがいっぱい。
    (まともなのも、あります)

    レッスンで使うなら、このアイテムカードを子供たちに作らせて、
    よりオリジナル感満載のストーリーを作る、なんていう
    アクティビティも楽しそう。

    このくだらなさ加減(失礼!「面白さ」ですね)、前にも似たものが…と
    思ったら、やっぱり同じ作者さん。

    A Cheese and Tomato Spider Novelty Picture Book 

    この本も子供たちは大好きですよね。
    うちの子もゲラゲラ笑って見てます〜。


    …それからハロウィーンの面白しかけ絵本もこの作者さん。

    What's in the Witch's Kitchen?
    What's in the Witch's Kitchen?  



    そうそう、まなりんはBoys向けのも持ってて、
    これも同じように楽しい内容でした〜♪

    Pirate Pete
    Pirate Pete


    こんな楽しい仕掛け絵本たちが800〜1000円で買えちゃうんですから、
    ちょっと為替が円安気味にふれてきてるとはいえ、まだまだ洋書絵本は
    お買い得感高いですねぇ

    私もまだしばらく、誘惑と戦う?日々が続きそうです〜


    にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

    にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

    にほんブログ村

    うずまきの絵本 Swirl by swirl で 理系頭を養う?!

    • 2012.02.27 Monday
    • 10:39
    JUGEMテーマ:英語育児♪
    JUGEMテーマ:児童英語

    うちの娘は、児童書の「かいけつゾロリ」シリーズが大好き。
    図書館では常に貸出中なので、予約して順番が回ってきた…と
    思ったらあっという間に一気読みしちゃいます。
    う・・その勢いと情熱が英語の絵本にも欲しいなぁ 

    …ってな具合で、相変わらず母が夜寝る前の読みきかせタイムに
    日本語の絵本や児童書の合間に英語の絵本を1冊か2冊、
    読ませて頂いている、我が家ですが…

    いつか英語の絵本も日本語の本と同じくらい一生懸命
    読んでくれるようになって欲しいなぁ〜という願いを込めて?!
    かつ、単に自分が「好き」というのもあって、
    母(私)は、せっせと面白そうな絵本を買い続けてます。
    もちろん、親子英語レッスンにも活用できるし

    つい先日も、アメリカのAmazon.comからの
    「昨年の絵本ベストセラートップ10」だとかっていう、
    宣伝文句につられて、思わずチェックしてしまったら・・・

    う、ヤバい〜 何冊か、すごく欲しくなっちゃいました。
    最近いろいろ買い過ぎちゃってるしなぁ〜、どうしよう…
    と、迷っているうちに、急に円安が進んだので、
    「こりゃAmazonが値段を上げる前に買わなくちゃ!」とばかり、
    (セコい)思わずポチっとしてしまったのがコチラ。

    Swirl by Swirl: Spirals in Nature
    Swirl by Swirl: Spirals in Nature


    このびっしりと描きこまれたクセのある精密な絵がまず私好み
    Swirl =うずまきがテーマというのも面白い。
    でんでん虫の殻から、遠い宇宙のかなたまで
    あらゆるところに存在する swirl, spiral…

    ちょっと中身をご紹介〜









    文章は少ないです。
    見開きに2,3行って感じで。

    でも、だから小さな子供にもわかりやすい。
    そして、小学校高学年や中学生には、フィボナッチ数例*や銀河系
    なんていう数学や科学の話題にまで膨らませることのできる、
    奥深さがあると思います。

    な〜んて偉そうなこと言いながら、実は超文系アタマの私は、
    まず自分が予習しないとそんなお話できませんけど〜

    でも、同じく「数列」なんて聞いただけで頭痛くなる〜って人も、
    だまされたと思って、ちょっと「フィボナッチ数列」とか「黄金比」で
    検索すると、案外面白いですよ〜♪

    娘が3〜4歳の頃に、チルドレン大学でもフィボナッチ数列の話題が
    出たことがありました。
    数列っていうと、アレルギーが出そうでも、
    身の回りにある、ひまわりの種やまつぼっくりの一粒一粒の並び方、
    草花の葉っぱや花びらの枚数が、数えてみると、
    1,1,2,3, 5,8, 13…と規則正しく並んでるものが多い…
    な〜んて不思議で楽しいですよね

    そして、これ数列だから、前の数字2つを足していくと、次の数字に
    なります。


    うちの娘も今ならそんな話もできそうだし、ちょっとこの本読んで
    一緒にまつぼっくりやパイナップルの模様でも数えてみようかな


    私としては「買って良かった〜」と発掘した感のある、満足できる
    1冊になりました〜。



    にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

    にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

    にほんブログ村

    100冊マラソン No.71〜80 ラストスパートだ!

    • 2012.02.24 Friday
    • 13:25
    JUGEMテーマ:児童英語
    JUGEMテーマ:英語育児♪


    後追いで、読書記録アップ中です〜





    実はもう3週間も前に読み終わった10冊ですが・・・・
    (すでに懐かしい感が…


    印象深かったのは…

    Good Night, Mr. Night
    Good Night, Mr. Night

    夜、お布団に入って、眠そうなタイミングで読み聞かせると、
    娘がホントにそのまま寝ちゃう〜

    So Sleepy Storyと合せて読んだらもう、効果?!テキメンです。
    私も読みながら寝そうになった…(それはいつものことだけど

    So Sleepy Story: So Sleepy Story




    それから、私の大好きな仕掛け絵本(でもまだ持ってない)、
    Joseph Had a Little Overcoat (Caldecott Medal Book)

    Joseph Had a Little Overcoat

    温かみのある絵といい、オーバーコートからジャケット、
    ジャケットからベスト、ベストからマフラー…へと
    切り抜きを利用して変身していくのが楽しい。

    以前に絵本セミナーでこの本を紹介してもらったことが
    あったので、彼がユダヤ人であることとか、
    途中出てくる人達はおそらくユダヤ教のお仲間たちらしい
    こととか(独特の帽子やお髭から私が勝手に想像)、
    そんなウンチクも語ってみました。
    (ふーん、と聞き流されましたが〜

    断捨離とは逆行するかもしれないけど、古くなったものを
    簡単に捨てずに上手に利用しよう…というメッセージも素敵



    それから、You Tubeと併せて楽しんだ「Dem Bones」

    Dem Bones
    Dem Bones

    bone = 骨 ってのはみんな知ってても、ひとつひとつの
    骨の名前まではなかなか…ですよね。
    (私なんて日本語でも怪しいのに・・
    でも、この絵本+歌なら楽しく学べますね。


    娘も最初読んでるだけの時は、途中から退屈してましたが、
    後でYou Tubeの動画を見せたら、寄ってきて見てました

    You Tubeの動画はこちら…

    http://youtu.be/ZnhJ3IkLQ7s


    あと、お話しの内容はどうってことない(失礼!)けど、
    Mr. Wolf のお人形はやっぱり楽しい。

    What's the Time, Mr. Wolf?

    チビッコは釘付けですよね。
    ホントにこの仕掛けを考えた人はエラいわ〜。


    「Not a Stick」では、お話しの真似をして、
    直線や線、円を使って、絵を描いて遊びました。
    「Not a Box」もあるんですよね

    Not a Box


    このグループの10冊は、結構私の好きなタイプの本が多かったかも。
    男の子だったら「Airport」や「Fire Engine」もきっと、
    ヒットなんでしょうね。




    にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

    にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ


    にほんブログ村

    100冊マラソン No. 61~70 もうちょいだ~!!

    • 2012.02.22 Wednesday
    • 23:37
    JUGEMテーマ:英語育児♪
    JUGEMテーマ:児童英語

    20冊分、ブログへの記録をためてしまいました~。

    娘が1カ月前に、インフルA型(検査では陰性だったけど、たぶん…)、
    そして今回B型…と、ご丁寧に両型にかかってしまい…ここのところ、
    生活のリズムがガッタガタに崩れております~

    し・か・も、今回は学級閉鎖の間は元気に家で遊んでて、
    さあ明日から授業再開・・ってときに発熱~

    まあおかげで読書はたっぷりできますが・・。
    早く治って欲しいものです。



    先週までに読んだ10冊。






    ・・で、我が家のお気に入りトップ3はというと、



    Knuffle Bunny

    Knuffle Bunny は以前にも読んだことがある本だけど、
    娘も私も大好きな1冊。

    Trixieになったつもりで、意味不明な赤ちゃんコトバを感情こめて
    読むと娘は大喜び♪
    楽しい1冊です。





    Planting a Rainbow

    Planting Rainbow は、とっても綺麗な絵本。
    夏休みに観察したアサガオや、この前学校で球根を植えたらしいチューリップ、
    保育園の時に水栽培したヒヤシンス、実家の庭に咲いてるスイセンなどなど…
    身近にある花がたくさん出てきます。

    球根って bulb って言うのか…知らなかった

    ここで、娘にクイズ。
    「他にも、家の中で使われてるもので、bulbって呼ばれるものがあります。
    なーんだ?」

    しばらく考えた後、「形に注目!」のヒントで、
    見事に「電気(電球)」ってあてた娘は、嬉しそう

    貼り絵風のカラフルな絵を眺めているだけでも楽しい絵本です。





    Pelle's New Suit

    Pelle's new suit は、英語はやや難しめですが、
    以前に日本語で読んだことがあり、
    娘もストーリーを知ってるので、私も楽ちん。

    羊の毛を刈って、糸に紡いで、生地を織って、生地から服に仕立てて…
    畑の草を抜いて、牛の番をして、お使いに行って…

    小学生になった娘は、それぞれの仕事がどういうものなのか、
    以前よりは、理解できるようになってるみたいでした
    (英単語としては全然~ですけどね


    さてさて、いよいよ残りは後30冊!
    後半は、ちょっとスローダウンしちゃってましたが、
    100冊達成したら、なんかお祝いしなくちゃ~♪




    にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

    にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

    にほんブログ村

    100冊マラソンNo.51〜60 がんばろう〜♪

    • 2012.01.27 Friday
    • 14:09
    JUGEMテーマ:児童英語
    JUGEMテーマ:英語育児♪




    60冊目に差し掛かり、とうとうちょっと息が切れてまいりました〜?!
    なんとかギリギリ、次の方に回すまでには読み終わりましたけどね。

    実は先週後半、娘がインフルエンザにかかり、バタバタしてました
    幸い熱は3日程で収まり、ダンナもわたしもうつらずにすみましたが。
    インフルエンザといえば「タミフル」かと思っていたら、
    今回は「イナビル」とかいう吸引タイプのお薬でした。
    しかも1回服用したら、それで終り。

    朝は元気で学校に出て行き、お昼前くらいから具合が悪くなり、
    37度台の発熱…帰宅後、夕方から38度台に上がったので、
    かかりつけのお医者さんを受診してお薬を頂きました。

    夜寝る前には39度4分あった熱が次の日には37度台後半まで下がり、
    薬が効いて良かったなぁ〜と安心していたら翌朝39度7分
    日曜日だったこともあり、座薬で少し熱を下げつつ様子を見てたら
    一晩で熱は下がりました。

    あの2日目に平熱に下がったのはなんだったんだろう・・・。
    一旦イナビルで増殖を抑えられたウイルスが薬の効き目が切れた後また
    復活して増殖したのかしら??
    まあ、なんにせよ回復してくれたから良かったけど、39度後半なんて
    何年ぶりかの高熱でちょっとドキドキしました。

    ・・・と看病記録をつけてるんじゃなかった。



    今回の10冊が届いた直後、図書館で偶然この本を見つけました。

    はじめまして ねこのジンジャー
    はじめまして ねこのジンジャー


    100冊絵本で届いた「Ginger 」のシリーズです。
    原書は「 Ginger finds home」みたいだけど。

    Ginger
    Charlotte Voake
    140631269X


    うちの娘は英語と日本語の絵本があったら迷わず「日本語」を選ぶ
    ので、まず「はじめまして…」で興味をひいてから、「GINGER」を
    読んだら、案の定、気に入ってました。

    猫の目線で飼い主の女の子との関係が描かれているのですが、
    作者の猫への愛情が伝わってきます。
    実はわたしも猫好き(犬も好きだけど)なので楽しめました



    もう一冊、最初はとっつきにくかったけど、絵のあまりのインパクトに
    ちょっと調べてみたら、とても面白く読めた本がコレです。

    Drummer Hoff
    Barbara Emberley Ed Emberley
    067166249X


    Ed Emberleyさんと言えば、あの「Go Away! Big Green Monster」
    を描いた人だわと思ったのですが、実はこっちの作品の方が
    有名なのかも。(この人はいろんな作風があるのね〜と感心します。)

    1968年にコルデコット賞受賞…って40年以上も前!!
    まさに親から子へと読み継がれている絵本なのですね。

    Wikipediaにも載ってました!
    http://en.wikipedia.org/wiki/Drummer_Hoff

    HPもありました。
    (可愛いお絵かきのアイデアなどを紹介してくれてます。)
    http://www.edemberley.com/pages/main.aspx?section=home


    Drummer Hoff fired it off.
    Private Parriage brought the carriage,
    Corporal Farrel brought the barrel.. 
     と、

    登場する兵隊さんの名前が文末の言葉と見事にライミング。
    private =一等兵、 corporal=伍長 など兵隊さんの
    呼び名なんて日本語でもあんまり耳慣れないですね。
    sergeant とか general はまだ聞き覚えありましたけど。
    (そういえば「プライベートライアン」っていう映画があったなぁ・・
    と後から思い出しました。)

    娘は…といえば、「これもだじゃれ(=ライミング)の本だね」と
    一応、ライミングに気付いてはくれました。
    ま、いっか・・・。



    にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

    にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ


    にほんブログ村




    100冊マラソン No.41-50 折返し〜♪

    • 2012.01.13 Friday
    • 09:40
    JUGEMテーマ:英語育児♪
    JUGEMテーマ:児童英語


    せっかくの長めの冬休み、遊びもお勉強(英語もね)も充実させよう!!・・・と
    思ってはいたんだけど…かけ声だけに終わったな(あ、遊びは充実してたか)
    まあ1年生だもん、今のうちにたっぷり遊んでおくのも大切よね…と、
    ちょっと苦しい言いわけかな






    今回、冬休み直前に届いていた100冊マラソンのNo.41-50冊も、
    実家に持って行かなかったので、ぎりぎり1回ずつ読むのがやっとでした〜


    Rosies' Walk と No! David はうちにもあるのですが…
    Davidは人気シリーズになってるけど、やっぱ私はこの1作目が好きだな〜

    No, David! (Caldecott Honor Book)


    娘も、Davidがお尻まるだしの素っ裸で走って行く後ろ姿にいつも笑います。
    ママにとっても語りかけのフレーズとして参考になります〜。

    Rosies' Walkはこの100冊マラソンの本に選ばれてたのを見て購入した本。
    独特の絵と、語数は少ないけど絶妙?な間がいい感じ。


    あとThe Carrot Seed(写真抜けました)は以前に、リーパーすみ子先生の
    絵本セミナーに子連れで参加させてもらった時、デモレッスンで使われて
    ました。

    The Carrot Seed Board Book
    Ruth Krauss Crockett Johnson
    0694004928

    これも語数は少ないし、絵もシンプルだけど、なかなか味わい深い本です。
    娘もちゃんと覚えてました




    そして今回、意外にも?娘が一番興味を示した本がコレ

    A Dragon in a Wagon (Picture Puffin)
    Lynley Dodd



    タイトルを読むなり「ママ、これってダジャレやんな?」と
    わはは〜、確かに「ライミング」より、「ダジャレ」のほうがイメージ
    ぴったりで楽しそう
    小学校1年生といえば「だじゃれ」やら「なぞなぞ」好きなお年頃なので、
    「ダジャレみたいか〜。上手いこと言うね!!」と褒めときました。

    日本語でも最近は学校の図書館から挿絵が多めだけど絵本じゃない
    「読みもの」を借りてくるようになったし、ちょっとずつ「絵」中心から
    「文章」「文字」を読むことに慣れて来てるんでしょうね。
    そんな成長が嬉しいような寂しいような…

    100冊マラソン、実はもう既に次の10冊が回ってきてます。
    正月気分も抜けてきたし(ようやくかい?!)、後半戦もがんばろう


    今年も歯抜け更新ですが、ブログも続けますので宜しくお願いします!



    にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


    にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
    にほんブログ村

    100冊マラソンNo.31〜40 

    • 2011.12.14 Wednesday
    • 05:53
    JUGEMテーマ:児童英語
    JUGEMテーマ:英語育児♪


    先週半ばに届きました〜!!・・・と思ってたら、実はもう来週月曜が発送日
    年末だからか、ちょっと郵便屋さんがお忙しいみたいで、届くのに3日くらい
    かかちゃうんですね〜。
    とはいえ、実質10日あれば、1日1冊で読み終るわけだからそれでも充分・・
    なはずなんですが・・

    それはさておき、今回のラインナップはこちら・・・




    My蔵書とかぶってるのは、Llama Llama Red Pajamaと、Hide and Snake
    の2冊…なので、実質8冊です。

    持ってる2冊も結構お気に入りなので、この機会にリピートして読みたい

    Llama Llama Red Pajama ←いい本です。でもうちの娘は「(絵が)怖い」といいます。ま、確かに・・・
            
             
    Hide and Snake ← 「ヘビさん、ど〜こだ?」絵がとっても綺麗です。


    そして今回、ちょっとじっくり読んでみようとピックアップしたのはコレ。
    Raccoons and Ripe Corn

    Raccoons and Ripe Corn (Reading Rainbow Books)


    まずは単語調べから…

    ears of corn  とうもろこし。
    棒状になった「まるかじり」するタイプのとうもろこしはこう呼ぶってこと、
    わたし、実は今まで知りませんでした
     
    cornは、不可算名詞なので、普通 s は付けずに使うのね、と。
    (類:corn cob

    plump and ripe  まるまるとふとって熟した

    kit  犬やうさぎ(あらいぐま)の子ども

    stalk  茎  

    ふと、そういや stemとstalkの違いはなんだろう…と、調べてみましたが、
    結局はよくわかりませんでした。
    英語のサイトでネイティブが同じ質問をしていて、それに寄せられた回答にも
    コレと明快なものがなかったので「じゃ、気にしなくていいか〜」と


    ただ、beanstalkって言葉があるように、マメにはstalkとか、
    flowerだと普通stemかな、なんていう区別はあるみたいです。



    husk  とうもろこしの皮 (←専用の言葉があるなんて!!)

    kernel  とうもろこしの実 (中核…という使いかたも。)

    日本でも缶詰などで「カーネルコーン」っていう表示を見かけますが、
    これは「クリームコーン」がドロドロにつぶれた状態なのにたいして、
    ツブツブの状態のコーンを指してるんですね。

    なんか、とうもろこし博士になったみたいだわ〜
    すっごく専門的な感じがするけど、実はネイティブだったら、小さいころに
    覚える言葉だったりするんでしょうね。(絵本に出てくるくらいだし

    …と、母親ばかりが学習しててももったいないので、娘用にちょっと
    ワークシート(の、ようなもの?絵、描いただけ…)を作成してみました。



    これで、絵本を読んだ後に、ここは何て呼ぶか?…を訊いてみた。

    …うーん、やっぱちょっと難しいかったみたい
    でも、一緒に絵本をめくって、答えが書いてある場所を探して…と、
    見つかった時は嬉しそう。でも、husk とか stalk なーんて、
    きっとすぐに忘れちゃうなぁ・・・。
    ま、いいんです。いつかどこかで、またこの言葉に出会ったときに、
    「あれ??なんか前にもどこかで聞いたことあるな、この言葉」って
    思ってくれれば。

    100冊絵本、全部でこんなことやってられませんが、10冊に1冊でも
    多少掘り下げて読めたら、私的には上出来で〜す

    こういうのを本格的にやりたい、でも自分で全部調べて準備するの大変かな
    …って方には、チル大の「ママ英語専門学校」…なんてのもあります



    よろしければポチッとお願いします。
    にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

    にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ







     

    100冊マラソン3回目(No.21〜30)

    • 2011.12.05 Monday
    • 09:07
    JUGEMテーマ:英語育児♪
    JUGEMテーマ:児童英語


    今回の10冊、No.21〜30冊目の絵本たち。



    あっという間の2週間。今日、次の人に向けて発送です

    今回かなりタイトでした〜。
    週末は結構あちこちに出かける予定が入っていたので、1日中活動していた
    娘はお布団に入ると絵本を1冊読むか読まないうちに、うとうと・・・。

    平日も習いごとのない日は、放課後毎日のように外遊びをするので、
    やっぱり1日に英語と日本語の本が1冊ずつ読めれば良いほう。
    朝起きぬけにも読んでみたりして、なんとか期限内に読み終えました


    で、今回の我が家的BEST3は・・・・

    「A is for ZEBRA」と、
    「OLIVER who whould not sleep」と、
    「Rabbits & Raindrops」かな

    「A is for ZEBRA」は、A〜Zまで各アルファベットを使った言葉を
    集めてる、それだけならよくあるタイプの絵本なのだけど、
    面白いのは、そのアルファベットで始まることばではなく「終わる」
    言葉ばかりを集めてお話を作っている点。

    娘の知らない言葉もたくさん出てそうだし難しいかなぁ・・?と思いつつも、
    一緒に読んでみると、結構楽しんでました

    「I spy」の単語編みたいな感じ。
    例えば「N」のページ・・・そこに描かれている「N」で終るものを探すと・・・

    penguin、走る(run), pelican, pigeon, toucan*, swan, hen....

    そして、その鳥たちがしゃべっているフキダシの中身まで、

    「This is fun!」「You can win!」「The race in on!」

    と全部「N」で終わってる

    (*toucanってちょっとマニアックですが、たまたま、夏休みに「花鳥園」に
    行ったとき、toucan(=おおはし)の実物を見てたので名前覚えてました 
    娘も「ああ、あれのことね〜」と。)

    こんな調子で進むので、結構時間がかかり、3日くらいにわけて読みました。
    なかなか楽しい絵本ですが、残念ながら絶版になったのか、日本ではもう
    手に入らないようです。
    (アメリカのアマゾンのマーケットプレイスには出てるみたいですけどね。)
    そう思うと余計ありがたみがUPします


    「Olive who would not sleep」

    Oliver Who Would Not Sleep

    これは、たぶん娘が一番気に入ったお話じゃないかな〜。
    主人公のオリバーくんが、夜パパとママにおやすみを言った後、
    こっそりベッドを抜け出して、お絵かきしたり、ロケットに乗って火星探検に
    行ったり・・・そして、最後には疲れてとうとうベッドに入り・・・。

    現実の世界と物語や夢の中での出来事との境目があいまいな、
    幼い子供だから共感できる内容なんでしょうね〜。

    そういや私も、小さな頃はお布団の中で目をつもってから、
    自分が物語に出てくるお姫様になった世界や、魔法で鳥のように自由に空を
    飛んでる姿なんかをよく空想(妄想?)してましたっけ。
    そんなこと、いつの間にかす〜っかり忘れてましたが



    Rabbits and Raindrops

    「Rabbits & Raindrops」は、わたしの好みの絵本です
    これ、2,3歳くらいの子に読んであげたいなぁ・・・ってすごく思います。

    まず絵がきれい。
    雨粒が落ちてくる瞬間を切り取ったようなリアルな絵。
    ・・・だけど、ちょっと可愛さもプラスされてて。

    一緒に雨宿りしに来る、ハチドリさん(humming bird)やちょうちょを
    指さしながら読みたい〜
    これは日本のAmazonでもなんと525円で買えます・・・
    親子レッスン用に検討しようっと。


    今回はホント1回きり読んだだけになっちゃって、もったいないです。
    2度3度と読んで、初めてわかる、気付くこともたくさんあると思うから。
    次のNo.31〜40は、気を引き締めて?しっかり楽しむぞ〜!!


    よろしければぽちっとお願いします!

    にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

    にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ






    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    クリックするだけで

    募金ができます ↓ クリックで救える命がある。

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 100冊マラソンNo.81-90
      Mayuみん (03/27)
    • 100冊マラソンNo.81-90
      maomao (03/27)
    • 親子英語レッスン 〜Nightmare と Monster 〜
      Mayuみん (03/16)
    • 親子英語レッスン 〜Nightmare と Monster 〜
      maomao (03/16)
    • リカちゃんにも・・「Doll House 絵本」と創作絵本「Once upon a time」
      maomao (03/10)
    • リカちゃんにも・・「Doll House 絵本」と創作絵本「Once upon a time」
      Mayuみん (02/29)
    • リカちゃんにも・・「Doll House 絵本」と創作絵本「Once upon a time」
      Mayuみん (02/29)
    • リカちゃんにも・・「Doll House 絵本」と創作絵本「Once upon a time」
      tamaこと石井 (02/29)
    • リカちゃんにも・・「Doll House 絵本」と創作絵本「Once upon a time」
      きりん (02/29)
    • リカちゃんにも・・「Doll House 絵本」と創作絵本「Once upon a time」
      Mayuみん (02/29)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM